MENU

歯に関する「ちょっとイイお話」

歯科医院が発信する「歯に関するお話」です。
「えっ!?そーなんだ?」というようなお話を少しずつでも発信していきます。

怖い食いしばり、噛みしめ

食いしばりや噛みしめが、「顎の痛み」や「頭痛」「歯がしみる」といったことの原因となる事があります。
日中リラックスしているときは上と下の歯は接していないのですが、就寝時などは無意識に食いしばったり、噛みしめたりする人が多いのです。

そこで、せめて就寝前には上下の歯を離し、顔面の筋肉の力を抜くように心がけましょう。
また、「硬すぎる食べ物」にも気をつけましょう!「硬いものを食べないと顎が強くならない。歯が弱いままだ。」といった事を言われているかと思いますが、「硬すぎるもの」は逆効果です。 

初めての入れ歯は

いままで口の中になかったものですから、初めは気になってはずしたくなりますが、まず1日我慢して入れてください。実際問題として、

・唾液が出やすくなる。
・歯や歯肉が少し締め付けられるような感じがする。
・話しにくい。
・熱や味覚に対して少し鈍感になる。
・気持ちが悪くなったり、吐き気をもよおす事がある。

と言うようなことがおこります。これらは2~3日もすると、慣れてきます。
しかし、痛みや何か強い症状があれば直ちに主治医に相談してください。 

入れ歯は若々しさを保ちます

歯が抜けたままで放っておくと、口元に張りがなくなってシワができ、だんだん老人的な顔つきになります。
入れ歯によって、容貌が回復し、自信を持って明るい社会生活を送ることができる様になるのです。
すぐれた技術と材料で作られた入れ歯は、以前と変わらない容貌を復活させ、生活にハリを与えます! 

©2019 医療法人親和会【四国セント歯科】